ブログトップ

アシストパパの陽だまり日記

assistpapa.exblog.jp

自転車通勤とランニング・親バカ子育て日記

<   2007年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

9/22
幼稚園の遠足は、2度目の参加だ。メンバーは、去年と同じく風香&父さん。
颯太は、もちろん参加できるのだが、山道を登るので、泣かれてずっと抱っこは無理という事で母さん&颯太は車で現地集合となった。

朝から天気良すぎて、出発前からすごい暑さ。
みんなタオル片手に「暑いですね」連発・・・

卒園生も参加出来る為、小学生の女の子もちらほら見かける。
さすがに登る姿もたくましい。

わが娘・風香は、暑さの為かあまりしゃべらず、疲れ気味。
それでも泣き事1つ言わず、登っていた。
疲れすぎないように、お茶を飲んで水分補給しながら、道を進んだ。

途中山道に入ると、木陰で涼しくなったが、登りが急になり、みんな無言で歩いている。
どこかのお父さんが、娘に色々話しかけている。
それを見てふと、うちはこういう時あんまり話さないなぁと気づいてしまった。

登山道が、整備された階段になり、もうひと頑張りで頂上だと知らせている。
引率の先生も途中で励ましてくれて、無事ゴール。

母さんが作ってくれた弁当をみんなで食べて、楽しい遠足となった。
来年は、一緒に歩こうね、颯太。
[PR]
by assist_papa | 2007-09-24 10:16 | 子育て日記
今日の颯太のひと言。
滑り台で遊んでいた時の事。
上から滑って来た颯太が、そばで見ていた父さんの帽子を取ろうとしてうまくいかず「取れなかったね、帽子かぶってて・・・。」
とハッキリ話した。もう、一人前の口をきく様になったか・・・

2度目には、無事に成功して、父さんの帽子を奪い取り、得意げに満面の笑みである。

夕食時の団欒での会話は、ウ~〇✕☐※ベ~と楽しそうに話すが全く意味不明の宇宙語に戻っている。

差が激しいね、君の言葉って・・・(笑)


P.S ネットでニュースを見ていて(TV無し我が家の貴重な情報源)、魑魅魍魎という言葉が目に飛び込んで来た。
「ちみもうりょう」と読むのだが、何とか読めたのには自分で驚いた。

意 味: 山や水に住むいろいろの化け物。怪物。妖怪変化。
類義語: 妖怪変化(ようかいへんげ) / 百鬼夜行(ひゃっきやこう)

との事。インターネットって便利だね。
[PR]
by assist_papa | 2007-09-21 00:44 | 子育て日記
9/20
久しぶりの魚釣り。嬉しくて2時に目覚めてしまった。一緒に行った釣り仲間に、運動会前日に興奮して眠れない子供みたいと言われ、まさにその通りだと思った(笑)

初めて行く場所(空港付近)なので、仲間の到着を待って、準備開始。
既に夜が明けて、朝日が昇り急に暑くなってきた。

期待を込めた第一投目、当然何も起こらず・・・

ここは餌取りが居ないと聞いていたが、本当に居なくて餌の無駄が無くて釣りやすい。
しばらくして、ウキの動きが変だと思っていたが、仕掛けを上げてみようと竿を立ててみたら・・・
ウン?何か掛かってる。アレッ、本命のメイタ(クロダイの子)だ~!

軽く引きを楽しんでから、慎重にタモを使って入れてもらう。
ホッホッホ、これで今日はボーズ(収穫ナシの事)が無くなったとひと安心。
急に気が楽になった(笑)

次も同じサイズのメイタ君が釣れて、ホクホクである。

その後に来た本命クロダイは、大きかった。
何しろ引きが違うし、かなりの重量感だ。獲物が近づくにつれて、暴れ方も大きくなりそこでラインをゆるめて、ゆっくり弱らせてば良かったのだが、秋のシーズンの元気なクロダイは初めてだったので、要領が分らず、無理をした為、痛恨の針外れをやらかしてしまった。
このミスで、たぶん撒き餌に寄っていた他の魚も散ってしまい、以降何も釣れなくなってしまった。

仲間は、結局一匹も釣れずじまいで、気の毒な事をした。
それでも、「そういう日もあるさ」と気を悪くせずに、クーラーまで貸してくれた。

さすがキム兄。
また一緒に行こうね・・・

P.Sメイタは、28cmと27cmだった。逃がした魚は大きいと言うが、たぶん40cm位だったのではと思う。本当に惜しい事をした。
魚は、刺身と塩焼きで頂いた。子供達も喜んで食べ、「またお願いね」の釣り許可宣言が出た(笑)
[PR]
by assist_papa | 2007-09-21 00:33
9/17
(父さん編)
朝から子供2匹と釣りに出掛けた父さん。
自分の釣りは出来ないと最初から覚悟していたが、今日は特に全然
魚が釣れず子供達も不満そう。
この前買ったばかりの子供用の竿で何とか釣らせてやろうとするが
厳しい状況だ。

父さん1人で、2本の竿の面倒をみているので、どうしても子供を
待たせる事になってしまう。

そして、急に風香の竿にアタリがあり、風香がリールを巻けない程の
元気な魚が掛かった。

風香が海に落ちては大変と、父さんに代わり、上がってきたのは毒の
トゲがあるバリ君だった。
釣り上げる瞬間に、事件が起きた!
もう1本仕掛けを入れていた颯太の竿がバシャーンと海に落下。
父さんは、なすすべもなく茫然と見送るしかなかった。

(母さん編)
今流行り?のDIY(DO It Yourself)でキッチンの棚を制作した母さん。
嬉しそうにペンキで色を塗っていたが、途中で颯太が昼寝から寝覚めて
しまい、予定外の途中参加するはめに・・・

ハカイダーの彼がおとなしく塗り続けるはずもなく、身体のいたる所に
塗り始め、母さんが絶叫「父さ~ん、ちょっと手を貸して・・・」
颯太&風香、風呂場へと強制移動。
2分後には、みんなでお風呂タイムとなった。
今日も、颯太の泣き叫ぶ声は、大きかった(笑)
[PR]
by assist_papa | 2007-09-17 15:44 | 子育て日記
9/16
敬老会もやっと終わり、ヘロヘロな一日だった。
練習時間が少なかったせいか、出し物の評価もイマイチだった事は否めない。
でも、実質4日間の練習で、よくあそこまでやれたと思う。

夜は、劇のメンバーで打ち上げ大いに楽しんだ。

今日の颯太のひと言「自分で、でたよ(出来たよ)」
夕方風呂に入った彼が、自分で服を着れた事を父さんにアピールした時の発言。

この頃、何でも自分でしたがるお年頃らしい・・・
[PR]
by assist_papa | 2007-09-17 15:28
9/15
昔は、9月15日が敬老会だったのに・・・とご利用者と話をしたが「そうだったかね~」
というご返事だった。みんな忘れてしまったのかな。
ハッピーマンデーなんていう都合のいい祝日の決め方は、どうも気に入らん。
まして連休なんて言う言葉に全然縁の無い今の生活では、ムカつくばかりなのだ。

それはさておき、いよいよ明日敬老会を迎える事になったが、相変わらず前日は
劇の最後練習や、予行演習で夜遅くまで残る事になってしまった。

しかし、いつもよりもさらにギリギリの間際になって、打ち合わせや確認があり、ヤベェ
状況であった。
仕事終わってからの肉体労働は、だるい。
でも何とか、会場での練習、道具の準備も終わり、ちょっと安心した。

あとは、明日トチらずにしゃべるだけ・・・
それが一番難しいんだけどね(笑)
[PR]
by assist_papa | 2007-09-16 05:45
9/14
昨夜10時半過ぎてから、珍しく走りに行こうと思い立ち、準備する。
妻と話をしたりして、つい脱線し、家を出たのは、23時過ぎ。
いつもの競技場コースで、軽く10+5周(約7.5km)
時間にして、1時間弱というところだ。

最近走ってないので、これ位がやっとのようだ。
筋力の衰えを感じる今日この頃だが、10月のベイサイドハーフマラソン
に向けて、練習をしないと。

職場の仲間には絶対負けたくないからね。

こんな遅くでも、僕以外に走ってる人を見つけると、へぇ~って思うね。
みんな物好きだ(笑)
[PR]
by assist_papa | 2007-09-14 01:32 | ランニング
9/13
敬老会の劇の練習をして、家に戻ると今日は早出のはずが、既に20時
過ぎだった。
子供達は、寝てるかなと思ったら、元気に玄関まで飛び出してきて、
出迎えてくれた。
嬉しそうに踊る姉弟を見ていたら、幸せな気持ちになった。

腹ぺこ父さんをつかまえて、「こっちに来て」と呼んでいる。
オイオイ、頼むから飯を先に食べさせてくれ~

母さんが助け船を出し、下へ絵本を読みに連れて行った。
しばらくして、また上がってきて、オヤスミを言いに来た。
颯太も風香の真似をして、一生懸命にオヤスミと言ってるようだが、
よく分からない。それでも気持ちだけは、伝わってるよ。

さっきわざわざ父さんにお茶を持って来てくれたしね(笑)
どうもありがと。

颯太は、毎日幼稚園に行く度に泣いているらしいが、それでも、「颯チャン、楽しんでるみたいですよ」と報告を受け、微妙~な感じである。
まぁ、元気なのは間違いないのだが、女の子が多い今のタンポポ組で、
彼に友達が出来るのは一体いつだろうか・・・
[PR]
by assist_papa | 2007-09-14 01:21 | 子育て日記
9/12
今日は、嫁さんが都合で子供達の幼稚園の見送りが出来ず、父さんが
ピンチヒッター。
今までにも、父さんが一人で風香を見送る事があったが、颯太&父さん
の組合せは初めてだ。

いつも幼稚園に行く時間が近くなると、お着換えをさせられ、「どこ行くの?」と不安げな彼はどんどんブルーな気持ちに押しつぶされそうになる。
しかし、我慢して泣かないのだ。

「嫌、行かない。」と、何度も訴える彼を何とかなだめたり、行く前に遊んで気を紛らせたりして家を出た。機嫌良く父さんと手をつないでバスのお迎えの場所まで来たが、もう今からバスに乗せられると分かって、目も合わせてくれない。
きっと彼にしてみれば、嫌で嫌でたまらないのだろう。

まだ2歳児なのに、可哀想な気がするがこれも試練と思い、送り出す。
そのうち慣れるだろうけど、泣かなくなるのは、いつ頃かな・・・

P.S 一緒にバスに乗っていく風香の報告によると、「バスが出発した
   瞬間に大泣きした」らしい。
   よく我慢したね、偉いぞ、息子。褒めてつかわす(時代劇風)
[PR]
by assist_papa | 2007-09-13 05:15 | 子育て日記
9/11
次の日曜日が(16日)敬老会当日だが、まだ出し物の劇「水戸黄門」の練習が進んでいない。
例年に比べて、かなりヤバイ状況であるが、職場は異動直後で落ち着いて
おらずそれどころではないといった感じ。

劇団サンハイツ(要は男性職員による寸劇)発足から6年。
そろそろネタ切れなのか…みんなのテンションも上がらない。
過去の出し物(金色夜叉・水戸黄門・遠山の金さん・暴れん坊将軍&松ケンサンバ)

現在職員も足りない状態で、勤務が合わなくて合同練習も難しい。

このままなし崩し的に前日の予行演習に突入か・・・?

まぁ、やるしかないでしょう(笑)

今夜も仕事終わって、練習だ・・・フゥ(溜息)
[PR]
by assist_papa | 2007-09-12 06:48